デリヘルでの遊び方(プレイ編)

デリヘル嬢と無事に対面できたら一緒にホテルに入室します。ラブホテルの場合だと、一緒にチェックインの手続きをしてからホテルに入ります。ホテルに入った後、女の子に本日の料金を支払い(風俗は基本、前金制)、それを確認して女の子がお店に電話をします。電話をした後にタイマーをセットしてプレイが開始になります。

まずは一緒に入浴

事前にシャワーを浴びてきている人もいるかもしれませんが、基本はデリヘル嬢と一緒にシャワーに入ります。シャワーも基本サービスの一つとして考えるのが普通で、シャワー中も女の子のサービスが始まっているのです。
オプションで【即尺】をオーダーしている場合は、シャワーに入らずいきなりプレイがスタートしますが、通常はシャワーからのベットというのが基本スタイルです。お店によっては即尺の逆パターンである即クンニというオプションがあり、その場合もシャワーに入る前にプレイがスタートします。
シャワーがめんどくさいと思う人もいますが、デリヘル嬢と対面してまだ数分ですので、お互いにまだ距離感があります。その距離感をシャワーで綺麗に洗ってもらいながら会話をしてイチャイチャしてなくしながらムードを高めていくのに必要なことなのです。

ムードが高まったらベットイン

綺麗に体を洗ってもらったら、いよいよベットインになります。ベットインしたら後のプレイは人それぞれ自由です。自らいろいろとやりたい【攻め派】の人もいれば、デリヘル嬢に完全に任せた【受身派】の人もいます。デリヘル嬢は基本どちらのスタイルでも対応してくれますが、事前にどっち派なのか聞いておくとプレイがスムーズになります。
好みのプレイやオプションを使って後は時間いっぱい楽しむだけとなります。早々にプレイが終了してしまっても、まだ元気であれば2回戦ということも可能です。もう元気がないという場合は時間までイチャイチャしたり会話を楽しむのもデリヘルの醍醐味でしょう。時間になったら、また一緒にシャワーを浴びて終了となります。